본문 바로가기 사이드메뉴 바로가기 대메뉴 바로가기

금산인삼 글로벌 트레이드(일문)


錦山物語

錦山の人参

高麗人参は生育環境と地理的条件、そして採取期間に多くの影響を受けるが、錦山は気温差が激しく、すべての気候条件が高麗人参の栽培に恵まれた条件を備えている。
錦山高麗人参は他の地域の高麗人参に比べ、体は小さいが堅く純白色を帯びている。
1500年の歴史を持つ錦山高麗人参は、薬理作用上最高水準の7月上旬に採取を始め、10月末まで加工を行い、夏の高麗人参と呼ばれる。
高麗人参の主要成分であるサポニン含量が錦山(クムサン)人参(夏人参)は5.2%で、他の地域の高麗人参よりはるかに多い。 ​

朝鮮人参の形と各部の使い方

花/実

花は3年生から咲き始め、最初に緑色を帯びていた果実は熟して赤く変わる。
「人参実」と呼ばれるが、これを摘んで乾燥させたものを種子として使う。

葉っぱ

葉は葉柄が長く、葉体は5つに分かれており、一つの葉の花枝に複数の小さな葉が手のひらのようについている。 先がとがっていて縁は細いのこぎりのような形をしている。

この部分がまさに高麗人参である。 薬用や食用として広く使用されています。

参頭

人参は多年生で、毎年葉と茎が乾いて死ぬ、その度に脳頭に痕跡を残す。 生高麗人参の場合、脳頭が大きいことを高価とするが、特に高麗人参は他の国の人参に比べて脳頭が大きいことが特徴である。

胴部

人参の中心部分であり、様々な形で加工処理され薬用や食用として使われている。

至近

普通2~5本の至近がある。 至近の数は土質、栽培方法、年数などによって異なる。

細い根

この部分だけを剥がしたものをミサといい、高麗人参茶などに使われる。

朝鮮人参の種類

生育環境による区分

栽培人参

人参畑で人工的に育てた人参。 錦山は郡単位では全国最大の山地である。

樟脳人参

山蔘の種を自然の山林の中で人工的に育てた高麗人参

山参

深い山奥の自然の状態で自生した高麗人参.

産地による区分

高麗人参

他国の参の生育期間(120-130日)より長い180日間、十分に発育させるため香りが濃く、薬効が優れている。 根は直近型で、人因子の形をしており、主筋、至筋、細筋が均等に発達している。.

花旗参

米国やカナダなどで生産される高麗人参と類似しているが、枝根が短く、胴体がすらりとしており、糸のように横に線が並んでいる。

田七参

中国の雲南省東北部から広西省西南部の地域で主に栽培されている。 根は直近型でごつごつ黒く, 豚ジャガイモ型で3~4cm程度である.

竹節参

薬用価値がほとんどない竹絶参は竹の根の形をしており、日本の北海道南部から九州北部に至る日本列島と中国の浙江省、湖南省、貴州省、雲南省、四川省の中西部地方、そして北部インドとネパールに至る広い地域に分布する。

処理過程による区分

生参

4-6年根の高麗人参を土のままの円形高麗人参。 高麗人参固有の成分がそのまま入っているため、そのまま生で食べると良い。 すりおろして蜂蜜や牛乳に他生飲料として飲んだり、様々な料理の材料として使用する。

白参

4-6年根の生高麗人参を原料とし、皮を少し剥いてそのまま天日に干して乾燥させたもので、水分含有量が14%以下になるように加工した円形維持の高麗人参である。 長期保管が可能で, 主用途は薬剤とお茶に使用される.

  • 直参:体を曲げずに乾かしたもの
  • 半谷参:体を半分ほど曲げて乾かしたもの
  • 穀参:胴体を完全に丸めて乾かしたもの
  • 米参:麻を刈るときに剥がした細かい根を乾燥させたもの
紅参

生高麗人参を水蒸気で蒸して乾燥させた淡赤紅褐色の製品。 品質によって千参、紙参、洋参などに分けられ、長期保管が可能だ。 高麗人参に過敏反応を示す特異体質の人も紅参を服用すれば全く問題がなく、特にエイズ、ダイオキシンなど新種の疾病に対する対応力が優れていることが分かった。 エキス、粉末、カプセル、お茶など多様な形で長期間食べると良い。

太極参

生高麗人参をお湯の中に一定期間漬け込み、表皮から胴体の一部を豪華に乾燥させたもので、紅参と白参の中間製品といえる。 色や効能は紅参に似ている。